pickfrombest.jp
おすすめな商品

アイロン台 おすすめ 2024

 画像商品名評価料金をチェック

1 の 10

天馬 PI-02

9.9

料金をチェックで amazon.co.jp

2 の 10

山崎実業 スタンド式

9.7

料金をチェックで amazon.co.jp

3 の 10

大栄産業 NSB-6

9.6

料金をチェックで amazon.co.jp

4 の 10

アイリスプラザ K004

9.5

料金をチェックで amazon.co.jp

5 の 10

大栄産業PM – K

9.4

料金をチェックで amazon.co.jp

6 の 10

山崎実業 3634

9.3

料金をチェックで amazon.co.jp

7 の 10

全家協 ZB-4919

9.2

料金をチェックで amazon.co.jp

8 の 10

キングラック 1219D-6

9.1

料金をチェックで amazon.co.jp

9 の 10

山崎実業 4655

8.9

料金をチェックで amazon.co.jp

10 の 10

山崎実業 ベーシック 3633

8.9

料金をチェックで amazon.co.jp
1 の 10
天馬 PI-02
評価
9.9
料金をチェックで amazon.co.jp
2 の 10
山崎実業 スタンド式
評価
9.7
料金をチェックで amazon.co.jp
3 の 10
大栄産業 NSB-6
評価
9.6
料金をチェックで amazon.co.jp
4 の 10
アイリスプラザ K004
評価
9.5
料金をチェックで amazon.co.jp
5 の 10
大栄産業PM – K
評価
9.4
料金をチェックで amazon.co.jp
6 の 10
山崎実業 3634
評価
9.3
料金をチェックで amazon.co.jp
7 の 10
全家協 ZB-4919
評価
9.2
料金をチェックで amazon.co.jp
8 の 10
キングラック 1219D-6
評価
9.1
料金をチェックで amazon.co.jp
9 の 10
山崎実業 4655
評価
8.9
料金をチェックで amazon.co.jp
10 の 10
山崎実業 ベーシック 3633
評価
8.9
料金をチェックで amazon.co.jp

アイロン台はきれいにアイロンがけをするためには必須のグッズ。最近はでアイロンマットなど、スペースを取らない商品が増えていますが、やはり機能性では脚付きのアイロン台が一番です。

衣類は温めることによってしわが伸び、それを冷やすことによって伸びた状態が維持できるようになっています。そのため、アイロン台にとってを逃がすことができるように脚がついていることは非常に重要。

そのため、最近ではより簡易的な新しいアイロン台が多く販売されていますが、従来のスタンダードなアイロン台が最もきれいに衣類を仕上げることができるのです。

そして、アイロン台にはいろいろな高さのものがあります。まず、知っておきたいのが、卓上型とスタンド型の2つ。

卓上型は座った状態で使用するものタイプ。脚が付いていないタイプのものもあり、その場合はテーブルの上に置くなど、好きな場所でアイロンがけをすることができます。

もう1つのスタンド式は最近人気を集めており、ランキングで上位に位置しているのはこのタイプがほとんどです。立ったままアイロンがけをすることができるため、長時間アイロンがけをしても疲れないというのが特徴。身長に合わせて高さを調整できるものもあり、機能性にも優れています。

次に、アイロン台の形状についてですが、アイロン台で最もオーソドックスなのが舟型といわれるもの。面積が大きいことからシャツやスカートなど、大きめの衣類にアイロンをかける際に便利です。

一方、シャツやブラウスを着た状態の形でアイロンがけできる人体型のアイロン台もあります。襟や肩の部分など細かい箇所もきれいに仕上げたい時に大変便利です。

アイロン台は何からできているの?

アイロン台には熱効率を上げるためにカバーが付いていますが、そのカバーの素材には、アルミカバーと布カバーが用意されています。

まずアルミカバーの素材ですが、このタイプは焦げにくいので耐久性があります。洗うことはできないので、こまめに拭いてお手入れをする必要があります。

一方で布カバーは洗濯が可能。しかし、熱や水分で傷みやすいので定期的に新しいものに変えるようにしましょう。カバーに茶色いヤケが出てきた場合、白い衣類に移ってしまうこともあるので注意が必要です。

アイロン台のサイズとデザイン

アイロン台のサイズには様々なものが用意されています。大きいものだと60cm×90cm×4cm、少し小さめのものだと60×36×2cmなど、どのように使うことが多いかによって、好きな大きさのものを選ぶことができます。アイロン台にスペースを取られたくない、という人はなるべくミニサイズのものを選ぶといいでしょう。

次にアイロン台のデザインについてですが、昔は無地のシンプルなアイロン台がほとんどでした。しかし、最近ではおしゃれなデザインのものが続々と登場。特に北欧雑貨ブランドからはトナカイ柄のアイロン台なども販売されるなどアイロン台選びが楽しめるようになりました。海外ブランドから販売されているアイロン台は色使いが鮮やかなものが多く、女性にはおすすめです。

その他、台の部分のデザインだけではなく、脚の部分に一工夫加えたアイロン台も登場。特に脚が木製になったナチュラルデザインは人気を集めています。壁にかけておくだけでちょっとしたインテリアにもなるので、収納せずに済む点もポイントの1つです。

アイロン台のメリットとデメリット

アイロン台の一番のメリットは仕上りがきれいになるということ。最近ではマット式のものやクッションタイプのアイロンシートなども販売されていますが、しっかりと下から熱が抜けるようになっているアイロン台とは仕上りが異なります。特に、ワイシャツやブラウスなどビジネスシーンで着る衣類をアイロンがけする場合には、仕上がり重視のアイロン台が最も優れているといえるでしょう。

一方でデメリットとしてあげられるのは、スペースを取ってしまうということです。1人暮らしなどスペースが限られている人にとっては、アイロン台1つでも邪魔に感じられることがあるでしょう。

また、アイロン台は使用しなくなった際の処理が面倒です。アイロン台は粗大ごみに分別されます。そのため、処分をするにはお金がかかる自治体がほとんど。アイロン台自体の購入にもお金がかかり更に処分も有料となると、無駄な出費とも言えます。

アイロン台の選び方

まずアイロン台はどのような衣類にアイロンをかけることが多いのかで決めましょう。スカートやワンピースなど、面積の広い衣類を多く持っているのであれば、大きめの舟型のアイロンがおすすめ。

一方でワイシャツやブラウスにアイロンがけをする機会が多い人は人面型を選ぶといいでしょう。さらに、よりきれいに仕上げたい人は仕上げ馬がついているものを選ぶのがおすすめ。

その他、アイロン台を選ぶ際には収納スペースも考慮しておきましょう。1人暮らしでものを置くスペースがない、という人は折りたたみができるができるタイプのものかもチェックをしておく必要があります。

アイロン台のお手入れの仕方

アイロン台を長く使っていると表面が傷んできます。また、スプレーノリを使用する場合は、表面に汚れが付くことや 、場合によってはノリがベタベタとしてしまうことも。

そのため、アイロン台のお手入れは定期的にする必要があります。カバーが取り外し可能なものであれば新しいカバーに、安いアイロンであれば新しいものに買い替えてしまうのもいいでしょう。

その他、自分でアイロン台の生地を張り替えてしまうということも可能です。用意するものは厚手のシーチングだけ。古い生地をはがして、シーリングをタッカーなどで留めてしまえば、それだけでアイロンのリメイクが完了です。

アイロンはシャツなど白い衣類に使う機会が多くあります。そのため、表面に汚れがないかをこまめにチェックをしつつ、手入れを怠らないようにしましょう。

アイロン台はどれくらい持つの?

アイロン台はきれいに使っていれば頻繁な買い替えは不要です。中には10年以上1つのアイロン台を使い続けているという人も多数。基本的にアイロン台は壊れたりすることがほとんどないので、汚れだけしっかりと手入れをしておけば、数年間使用することができます。

ただし、最近では非常に安い価格で購入できるアイロンも多数あります。そのため、少し汚れが目立ってきたら新しいものに買い替える、という使い方をするのもいいでしょう。

その他のアイロン台

最近ハンディアイロン台というものが販売されていることを知っていますか?ハンディアイロン台とは手にアイロン台をはめてそこにアイロンを当てるというもの。わざわざアイロン台を広げたりせずに、ハンガーにかけたままアイロンがけをすることができるのとても便利です。

また、価格も激安。100円ショップなどで手に入れることができるの、一度どんなものか試してみるといいでしょう。

関連記事

MIDI キーボード おすすめ 2024

pickfrombest

シェーバー おすすめ 2024

pickfrombest

bluetooth ヘッドホン おすすめ 2024

pickfrombest